SSD換装時などのクローン作成方法と隣接していないパーティションの結合方法を紹介

PC関連

はじめに

皆さんこんにちは、Kouです。

前回の記事SSDの初期化方法

SSD、HDD増設、換装時の初期化~パーティション作成までを画像付きで詳しく解説

に続いて
今回はSSD、HDDクローンの作成方法と
ノートPCによくある、一枚のディスクドライブに対してCドライブとDドライブがパーティション分けされている場合などにパーティションを結合させる方法をご紹介していきます。

クローンソフトをインストールしてクローンを作成する。

まずはクローンの作成方法から紹介します。

クローンソフトをインストール

まずはクローンソフトをPCにインストールしていきます。

今回私が使用したクローンソフトはEaseus Todo Backup Freeです。

無料版でもクローン作成が可能で操作が非常に簡単なのでおすすめ。

ダウンロードが終わり、起動したら画像の赤丸部分をクリックします

すると左側のタブが開いて見やすくなるのでクローンをクリックします

クリックするとソースディスク(コピー元のストレージ)を選択する画面になります。

今回の場合はディスク0がメインストレージになりますのでハードディスク0の左側部分にチェックを入れます。

その後 次へ をクリック。

次にターゲットディスク(コピー先のストレージ)を選択します。

ハードディスク2がUSB接続しているSSDなのでチェックを入れます。

このとき高度なオプションを開いてSSDに最適化にチェックを入れておきましょう。

最適化にチェックを入れたら、次へ をクリックします

容量サイズが変わるとデフォルトのままだと上画像のように240GBほど未使用の空き容量が出来てしまいますが

私の場合はボリュームのパーティションを削除して空き容量をすべてCドライブに振り分けがしたいので今回は、このままクローンを作成していきます。

実行を押すとクローン作成が始まるので終わるのを待ちます。
私の場合は20分ほどでクローンが作成されました。

以上でクローン作成は終了です。

パーティションの結合

こちらではパーティションの結合方法を紹介していきます。

市販のノートPCの場合、リカバリー領域などがCとDの間にあったりと、隣接していないことが多いのでWindowsのディスクの管理では結合できません。

結合するのに使用するアプリはAOMEI Partition Assistant Standardです。

隣接していないパーティションも結合出来る優れもので
こちらもクローンで使用したEaseus Todo Backup Freeと同様に無料版で十分作業できます。

今回は過去記事

ブログ用にThinkPadX250を購入、そしてSSD換装してみた!

でHDDをSSD換装したときに外したHDDをUSBで接続して作業しています。

ダウンロードが終わり起動したらこのような画面になります。

今回はディスク2のEをDに結合していきます。

ディスク2のEにカーソルをもっていき、右クリックします。

パーティションを削除 をクリックします

※削除するパーティションに消えてはいけないデータがある場合は外付けHDDなどにデータをコピーしてから削除してください

高速削除にチェックが入っているのでそのまま はい をクリック

するとEが未割り当ての状態になるので未割り当てになったEのところでもう一度右クリック

パーティションを結合をクリックします。

今回はDに結合したいのでDにもチェックを入れた状態で はい をクリック

これでE部分がDに結合されて容量が増えました。

※左上の適用をクリックしないと作業は実際には行われません

不要なパーティションや未割り当て部分が結合できたら 適用 をクリック

作業に問題がないか確認して、なければそのまま続行をクリックします

しばらくして作業が完了したらこんな感じに

今回は一番左の※以外はすべてDに結合してみました。

結合作業は以上で完了なのでコピーしておいたデータを結合後、パーティションに戻せば終了です。

さいごに

以上がクローン作成からパーティション結合までの方法になります。

参考にしていただけると嬉しいです。

きまぐれ夫婦 旦那Kou