プライベート、ビジネスにもおしゃれ!G-SHOCK G-STEEL GST-B100XA-1AFJの紹介

ガジェット

皆さんこんにちは。
きまぐれ夫婦、旦那のKouです。

今回は私も1年ほど前に購入して、愛用しているG-SHOCKのG-STEELシリーズGST-B100XA-1AFJを紹介していきたいと思います。

まず、特徴的なのはカーボン素材を使用したベゼルですね。
ウブロのビックバンを思わせるようなデザインで、ぱっと見ただけではGSHOCKだと気付かない感じのデザインで
プライベートに身に着けてもまったく違和感は感じられません。
私も周りから「なにその時計!見せて~」といわれて見せると「え、これGSHOCKなんだ!」と驚かれることが何回かありました。

実際につけた感じはこんな感じです。

ガラスは高級腕時計にも使われているサファイアガラス

ガラス部分に採用されているのは高級腕時計や、最近ではAppleWatchの上位モデルなんかにも使われているサファイアガラス。

サファイアガラスはダイアモンドの次に硬い硬度9あるらしいです、そのため傷に強く、傷がついて文字盤が見えにくくなることはまずないのではないかと思います。
日光で眩しい昼間でも文字盤はとても見やすいです。

ライトは白色LED

右上のボタン短押しでLEDライトが光ります。
綺麗な白色で夜間にみるとかなり明るいです。

夜間での写真がこちら

写真だと暗く感じてしまいますが、実際だともっと明るいです。
夜間で時計を確認するのに便利なライトなのですが、
実は針が光るのでわざわざライトをつけなくても時間の確認が出来ます(笑)

なので、実際使用するのにライトをつけることはほとんどないのではないかと思います(笑)

G-STEELシリーズは種類が豊富で価格もお手頃

G-STEELシリーズはGST-B100シリーズだけでも7種類、他にもGST-B200シリーズも6種類とラインナップもかなり豊富なので、自分好みのデザインが見つかると思います。
そして高級時計でもお手頃な価格帯の時計ブランドの時計を付けるより
あまり周りと被らないところもいいところですね。

価格も2万~8万円台とかなりお手頃なのも魅力ですね!

下記の楽天市場、Yahooで探すのリンクからG-STEELシリーズをいろいろと見られます。

 

実際に使用してみて便利だった機能3つ

スマートフォンリンク機能

専用のアプリをスマホにインストールしてBluetoothで時計と接続することができます。

接続すればアプリからアラームとタイマーの設定や、電池残量の確認、針位置補正、時刻入替などの確認や設定がスマホでできちゃいます!
この機能のおかげで時計のサイドボタンはほとんど触ることがないです(笑)

タフソーラー電池

太陽光で充電されるので、電池切れで交換する手間がないのは非常に便利ですよね!
太陽光だけでなく、蛍光灯の明かりなどでも充電されるそうです。

20気圧防水

20気圧なのでプールや海にも水濡れを気にせずそのまま入れちゃいます!
素潜り程度なら問題なしですが、水深深くに潜るスキューバーダイビングはダメみたいですね。

汚れたときに丸ごと水洗い出来るので
私はちょっと汚れが気になったなー、なんてときにじゃぶじゃぶと洗面所で洗っています。

スマートフォンとの接続方法

G-SHOCKConnectedのダウンロード

まずは、スマホにG-SHOCKアプリ
G-SHOCKConnectedアプリをダウンロードしてください。

G-SHOCKホームページからダウンロードに飛べます。

アプリを起動

ダウンロードしたらアプリを起動してアプリの指示に従って初期設定を行います。

 

時計の型式を選択します。
GST-B100シリーズをタップ

するとConnectボタンを長押し2秒押してくださいとガイドされますので、指示通りに2秒長押しします。
1回ピッ!と音がした後もう一度ピッ!と音がすればオッケーです。

時計をアプリに登録するをタップして接続完了です。

操作方法を軽く説明

画面下側のGUIDE、WORLD TIME、UTILTYをタップすれば画面が切り替わります。

GUIDEモード

 

GUIDEモードは操作説明が見れます。どのボタンがどれだったかな?

なんてときにここを見れば分かるので意外と便利です。

ガイドを見る、をタップするとボタン説明が表示されます。

このような感じでボタン説明が載っています。
ボタン操作の参考に使いましょう。

WORLD TIMEモード

ここではメインに表示させるホームタイムとサブで表示させるワールドタイムを設定することができます。

この写真ではワールドタイムをニューヨークに設定しています。
ワールドタイムの都市を設定すると写真の文字盤の赤色部分が設定したワールドタイムの時間に表示されるようになります。

一般人にはあまり使い道がない機能ですが、仕事などで外国の方と連絡をとることが多い方なんかは、向こうでは今何時だから連絡しても迷惑にならない、なんて確認するのに使えたりするのではないでしょうか。

私は日本から出たことがないので無縁です(笑)

UTILTYモード

ここでは、時計のアラームとタイマーの設定ができます。

仕事中にお昼休憩を知らせるためお昼にアラームを設定しておくと、結構便利です。
気付けばお昼回ってた!なんてことがある方は設定してみましょう。

タイマー機能は正直スマホから設定するくらいなら、スマホのタイマー機能を使ったほうがいいのでは
って思ったりします(笑)
同様設定しておけば時計からタイマーをスタートさせれば設定した時間のタイマーで使用できます。
カップラーメン用に3分でセットしておいてお湯を入れたらタイマースタート!って使い方とかありかもしれないですね!(笑)

さいごに

機能も紹介しましたが、やっぱり時計は見た目が一番大事ですよね、衝撃に強いG-SHOCKでこれだけおしゃれなモデルがあるのは最高じゃありませんか?

高級時計まではいらないけど時計はつけたいって方にも10万以下で買えるG-STEELシリーズはかなりオススメです。

今回の記事は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
きまぐれ夫婦、旦那のKouでした。